硝子体注射

硝子体注射で使われる抗VEGF薬治療について

眼疾患では眼内にもろい新生血管ができてそこから血液やその成分が漏れ出し、それによって浮腫などを起こすことがあります。こうした血管は酸素や栄養素の不足によって作られます。血管がないところに血管を作る脈管形成や既存の血管から分かれて伸びていく血管新生には、血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)という糖タンパクが関与していることがわかっています。
VEGFは炎症細胞や血管内皮細胞にあるVEGF受容体に結合して、血管を作る・炎症による浮腫を生じさせるなどして視力を低下させます。抗VEGF薬による治療では、このVEGFの働きを抑制して視力低下を抑制し、進行を防止する効果が期待できます。アイリーアやルセンティスといった抗VEGF薬を硝子体内に注射する治療です。
なお、抗VEGF薬で十分な効果が現れない場合には、ステロイド注射、レーザー光凝固術、硝子体手術なども検討する必要があります。硝子体注射で使われる抗VEGF薬治療について

黄斑の重要性

黄斑は網膜の中心にあって、色彩に鋭敏な錐体細胞や神経節細胞が高密度に分布しており、見る機能では最も重要な役割を担っています。黄斑に浮腫などが起こると、ものがゆがんで見える変視症や視力低下が起こります。ものを注視する時に使われる部分なので、進行させると文字を読めなくなってしまうこともあります。

抗VEGF薬治療が可能な疾患

網膜やその中心にある黄斑部、そして網膜の裏側にある脈絡膜に症状が起こっている疾患に用いられます。

滲出型加齢黄斑変性

加齢によって起こる黄斑部の疾患です。網膜にはその環境を保つために働いている網膜色素上皮細胞があります。加齢によって代謝が衰えると代謝残渣であるドルーゼンが蓄積し、慢性的な刺激を与えるようになります。それによって網膜色素上皮がVEGFを分泌し、新生血管が作られます。新生血管はもろいため血液やその成分を漏らしてしまい、黄斑浮腫や漿液性網膜剥離を起こします。

網膜静脈閉塞症(RVO)

静脈の閉塞によって漏れ出した血液やその成分が網膜内にたまり、網膜が低酸素状態や虚血を起こす病気です。静脈のどの部分で閉塞が起きているかによって、網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)と網膜中心静脈閉塞症(CRVO)に分けられます。
低酸素状態や虚血が起こるとVEGFなどのサイトカインが過剰に産生されるため、黄斑浮腫や血管新生を起こって視力を低下させ、硝子体出血を起こす可能性もあります。

強度近視

強度近視では、眼軸長が伸びることで脈絡膜が引き延ばされて薄くなり、循環障害を起こしやすくなります。また脈絡膜が引き伸ばされて限界を超えると脈絡膜が断裂することもあります。それにより新生血管が作り出され、網膜色素上皮細胞の隙間から網膜下に伸びて新生血管が増殖します。これが強度近視による脈絡膜新生血管です。脈絡膜が引き延ばされて薄くなる、循環が悪化する、断裂が起こるなどによってVEGFなどのサイトカインが過剰に産生されて発症すると考えられています。

糖尿病黄斑浮腫

糖尿病の合併症として知られている糖尿病網膜症によって起こります。糖尿病で高血糖が続くと活性酸素や終末糖化産物の蓄積などが起こり、それによってVEGFなどのサイトカインが過剰に産生され、炎症を引き起こします。この炎症が細小血管障害を起こし、さらにVEGFなどのサイトカインが過剰に産生され、新生血管も増殖しやすくなって、血液やその成分が漏れ、黄斑浮腫などにつながります。

抗VEGF薬の投与について

疾患や状態によって投与のスケジュールは変わってきます。投与間隔には、固定療法、TAE療法、PRN療法などがあります。

固定療法

最初、1ヶ月に1回の注射を3回行います。その後は、2ヶ月ごとの注射となります。ただし、経過を観察しながら適切な間隔に調整することがあります。滲出型加齢黄斑変性に用いられることが多い療法です。

TAE療法(Treat and Extend)

最初、1ヶ月に1回の注射を3回行います。その後、2ヶ月後に注射を行い、それ以降は経過を観察しながら適切な間隔で注射を行います。網膜中心静脈閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病性黄斑浮腫、加齢黄斑変性などで注射の効果が持続するケースに用いられます。

PRN療法

最初、1ヶ月に1回の注射を3回行います。その後は、必要時の注射となり、症状が悪化した際に注射を行っていきます。網膜静脈分枝閉塞症による黄斑浮腫で使われることが多い療法です。

ステロイド注射

ステロイド注射テノン嚢は、目の結膜と強膜の間にある部分で、ここにステロイドを注入して黄斑部に浮腫を起こす原因物質を抑制する治療法です。使われる薬剤は、トリアムシノロンやデキサメサゾンです。効果が期待できるのは、糖尿病網膜症や網膜血管疾患による黄斑浮腫、黄斑変性症、そしてぶどう膜炎などです。1回の注入で約3ヶ月効果が持続するとされているため、繰り返しの治療が必要です。ステロイドの点眼より高い効果が期待できますが、効果が現れないこともあります。

TEL:042-710-3456