レーザー治療

レーザー光凝固術

手術室レーザーで網膜などの眼底部分の病変を焼き固めて進行を止める治療法です。視力や失った視野を回復することはできませんが、現在の視力をできるだけ維持して悪化を予防することができます。主に、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性脈絡網膜症、糖尿病網膜症などの治療として行います。もろくて病気を悪化させる新生血管を焼いて、新たにできるのを予防します。外来で受けることができ、点眼麻酔で行います。

後発白内障レーザー治療

白内障手術後に起こる後発白内障で水晶体を包む水晶体嚢が濁ってしまった際に行う治療法です。水晶体嚢にレーザーで孔を開けて眼内に光が入るようにすることで視機能を改善します。外来で受けることができ、痛みもなく短時間で行えます。この治療後に後発白内障が再発することはほとんどありません。治療後はしばらく飛蚊症のように細かいゴミが浮いているように見える場合がありますが、解消しますので心配ありません。レーザー治療の合併症として、ごくまれにですが炎症や眼圧上昇、網膜剥離などが起こる可能性があります。治療後に痛みや目がかすむなどの症状が現れたら、すぐにご連絡ください。

炭酸ガスレーザー

当院では炭酸ガスレーザーをまぶたの治療に用いています。まぶたが下がってくる眼瞼下垂術、まぶた周辺のイボやほくろの切除などです。炭酸ガスレーザーは出血や周辺組織への影響が少なく、瘢痕や色素沈着を起こしにくいレーザーメスです。

TEL:042-710-3456