白内障日帰り手術(眼内レンズ)

眼内レンズについて

眼内レンズについて白内障の手術は、濁った水晶体を取り除いて、代わりに人工のレンズを挿入するという方法で行われます。この人工のレンズを眼内レンズといいます。
眼内レンズは柔軟性のあるシリコンやアクリルを素材として作られていて、直径6mm程度の大きさですが、手術では折りたたまれた状態で2~3mm程度の切開創から眼球内に挿入されます。
また、眼内レンズには大きく分けて単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類があり、どのレンズを選択するかによって手術後の見え方が変わるとともに、生活の質も大きく左右される可能性があります。したがって、白内障にかかる前の状態に近い見え方を実現するためには、いかにしてご自分の生活様式に適したレンズを選択しておけるかが重要になります。

単焦点眼内レンズ

近距離や遠距離など、1つの距離にピントが合う眼内レンズです。白内障の手術で単焦点眼内レンズを入れた場合、濁りがなくなりとても明るく見えますが、ピントの合わない距離をはっきり見るためには眼鏡が必要になります。近距離に合わせたレンズであれば手元の本などははっきり読めますが、遠くはぼやけて見えます。そのため、車の運転やスポーツ、映画館、観光などでは眼鏡が必要になります。遠距離に合わせた場合には新聞などを読む際に眼鏡がいりますが、車の運転やスポーツ、映画館、観光などは裸眼で大丈夫です。

多焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズでは、近距離か遠距離のどちらかにしか焦点が合いません。片方の目は遠くに、もう片方を近くに合わせたモノビジョンなどでそれを解消することもできますが、左右で見え方が大きく変わるため違和感が残ってしまうケースもありました。こうした問題を解消し、近い距離と遠い距離の両方にピントが合う遠近両用レンズが多焦点眼内レンズです。このレンズであれば、ひとつのレンズで遠くと近くの両方を裸眼で見ることが可能ですから、できるだけ眼鏡をかけずに暮らしたい方に向いています。
遠近両用の多焦点眼内レンズには、大きく分けて屈折型と回折型という2種類のレンズがあります。屈折型は遠方と中間距離、回折型は遠方と近方距離の見え方が優れています。片方を屈折型に、もう片方を回折型にして幅広い距離をカバーすることも可能です。最近ではさらに3焦点眼内レンズや、乱視用なども登場しています。また、すでに眼内レンズを入れている方がよりお好みに合わせた見え方を実現するために追加して入れることができる眼内レンズもあります。

見え方のイメージ

正常な見え方、白内障の見え方、単焦点眼内レンズの見え方、多焦点眼内レンズの見え方を比較できます。見比べてみてください。

当院で扱っている眼内レンズ

テクニスマルチ

遠近の2焦点回折型の多焦点眼内レンズです。日本国内で最も多く使われている多焦点眼内レンズです。近方焦点によって3タイプあり、33cm・42cm・50cm がありますが、乱視矯正はできません。ハローやグレアがあり、暗所コントラスト感度はやや劣ります。先進医療特約給付金を受けることができます。

テクニスシンフォニー

遠~中距離に対応したエシュレット回折型の多焦点眼内レンズです。ピントが合う明視域を広げる光学設計がされており、手元のピントは合いにくいのですが、遠方から中間までは見え方の質がよいとされています。 中距離焦点は50cmで、乱視矯正はできません。ハローやグレアがありますが、暗所コントラスト感度は良好です。先進医療特約給付金を受けることができます。

レンティスMplus

遠近の2焦点分節屈折型の多焦点眼内レンズです。回折型に比べ、暗所で光の滲みが少ないとされています。近距離焦点は40cmです。手元の見え方はやや劣りますが、遠方の見え方は質が良いとされています。また、乱視眼にはオーダーメイドで対応することが可能です。ハローやグレアは少なく、暗所コントラスト感度も良好です。先進医療特約給付金を受けることはできません。

ファインビジョン

3焦点回折型の多焦点眼内レンズで、遠方・近方に加え、中間距離も見やすくなっています。回折型2焦点レンズでは光学的ロスとなっていた部分を使って3焦点化された構造です。 中距離焦点は65cm、近距離焦点は40cmです。ハローやグレアがあり、暗所コントラスト感度はやや劣りますが、乱視矯正が可能です。先進医療特約給付金を受けることはできません。

レストア

乱視も同時に矯正可能なアクリル製の回折型多焦点眼内レンズです。多焦点眼内レンズではカバーしにくいとされてきた30~50cmの中間距離の見え方も強化されています。ただし、暗い場所や夜間では、手元が見えにくい傾向があります。パソコンを使ってお仕事をされている方、読書が趣味の方に向いているレンズです。

ハロー・グレア

2焦点の多焦点眼内レンズは、手術後、光をまぶしく感じる「ハロー・グレア現象」を起こしやすいという特徴があります。夜道で車のライトを見るなど暗い場所で強い光を見た時に、通常の眼内レンズに比べて光が長く伸びて見える、周辺に輪のような光が散乱して見えるなどが起こることです、こうした症状は慣れるにつれて自然に気にならなくなります。

治療費について

単焦点眼内レンズ

1割負担(片眼) 約15,000円
3割負担(両眼) 約45,000円

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは自由診療になります。レンズの種類によって料金は異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

TEL:042-710-3456